本当にお金を増やす一つの方法〜どうしてお金持ちはいつまでもお金持ちなのか〜

「お金がお金を呼ぶ」という言葉ご存知ですか。聞いたことがある方は大勢いらっしゃるでしょうが本当の意味を知っている方はどれだけいるでしょうか。

簡単に言うと「お金を増やすには資産運用だ」ということです。資産運用というと、株や投資信託それから一時期話題だったFXなどですね。このうち、素人でも

比較的手を出しやすいのが投資信託になります。株はある程度勉強が必要ですし、FXはもともと仕組み的に借金をすることでお金を増やす方法ですので、これらは安易に素人が手を出していいものではありません。

その点、投資信託はプロに株取引を任せて、月々の配当金や、利益となった株のお金が我々の手元に来るという仕組みです。

では、投資信託はいくらくらいからできるのかというと、1000円からでもできます。知らないだけで周りにもやっている人は案外大勢いるのではないのでしょうか。

株や投資信託、FXなんて素人の私には無理。

私はコツコツ貯金で資産を増やしていく。なんて考えている方、それではいっこうにお金は増えません。たとえば500万円の貯金があるとして、それを銀行に預けているだけでは利子率が低いので全然増えません。

同じ500万円でも投資信託に預ければ平均で月に5万円の配当金を手に入れることができます。しかし、これも500万円という元のお金があっての話ですよね。

つまり、資産運用に回せるお金が多い人、つまりお金持ちはその大金でさらなる大金を呼べるんです。単純に考えると100万円で投資信託をしているひとが月に1万円しか配当されない代わりに、1000万円預けているお金持ちは月に10万円貰うことがだき、さらにそれを新たな投資に回して、ということができるんです。

小さなお金は小さなお金しか呼ばないが、大きなお金は大きなお金を呼ぶことができます。これがお金持ちはどんどんお金持ちになるという本当の意味で、世の中はこういう仕組みになっています。さあ、これを知ったあなたはこれからお金をもっと賢く運用することができますね。是非、世の中の仕組みを理解して賢くお金を増やしていきましょう