自動契約機の利用方法

大手の消費者金融では自動契約機を全国の各地に設置しています。これを利用することで、誰とも会うことなく機械の操作だけでよりキャッシングの契約が行えます。

自動契約機は小さなコンテナのようなボックス型の個室内に設置されています。中は銀行のATMコーナーが小さくなったものと考えてください。違いは申し込みが長時間になることもあるので、座って操作ができるようになっているという点です。この個室は外からはまず見られないような構造になっており、プライバシーにも考慮されています。

利用方法は簡単です。画面にタッチをして「契約」を選択し、機械から出てくる申込用紙に必要事項を記入します。この時何か分からないことがあった場合は備え付けのインターホンを取るとオペレータが対応してくれます。
記入を終えたら画面をタッチし、必要な書類と共に機械に読み込ませます。ここで必要になる書類は基本的には身分証明書だけです。50万円を超える高額の融資を希望する場合は同時に年収の証明になる書類などが別に必要になりますが、ここでは50万円以下を希望した場合として続けます。

申込用紙と身分証明書を読み込ませた後、審査が行われます。これが終了するまでには早くても30分程度は掛かるので、その間は個室の中でそのまま待っていてください。この時間をつぶす為に、予め文庫本や携帯ゲーム機などを持ってきた方がいいかも知れません。
審査中に申込用紙に記入した内容に不備や不明な点があった場合、スピーカーよりオペレータから問い合わせがあります。よってこの審査中は必ず個室内で待っていてください。この問い合わせにはインターホンをとって答えます。

審査が終わると、その結果が画面に表示されます。合格した場合は融資可能限度額が画面に表示され、キャッシング用のカードが機械から排出されます。そのカードを使って隣りにある(無い場合はコンビニのATMが利用できます)ATMから、すぐその限度額までの借り入れが可能になります。
また「今回は見合わせていただきました」などのメッセージが表示された場合は残念ながら審査を通過できなかったということになります。どちらの場合も身分証明書は忘れずに持ち帰ってください。

この自動契約機の営業時間は多くの消費者金融で平日や休日を問わず、午後9時までになっています。ですが審査の時間があるので、少なくともその1時間前までには入らないとその日のうちに借り入れを行うのは難しいです。出来れば余裕をもって2時間前には入ってください。その日のうちにお金が必要な場合、なるべく早い時間にこの申し込みを行ってください。

もし営業時間中に審査が終わらなかった場合、結果は後日になります。その時はその旨がオペレータより知らされるので、一度その場を離れてください。審査結果は後日申し込み書に記入したメールアドレスや電話番号まで知らされます。
審査に合格していた場合は再び自動契約機まで行って、今度は「カード発行」を選択し、キャッシング用のカードを受け取ってください。

このように自動契約機は簡単に利用できます。誰にも会わずにキャッシングの契約をしたい場合は大変便利です。